1. ホーム
  2. 塗装の手順
  3. 誰でもできる!キシラデコールDIY講座
  4. バラの貴公子大野耕生さんがバラの庭メンテ・アドバイス

ラティスやパーゴラはバラの住む家。定番塗料はキシラデコールで バラの貴公子大野耕生さんがバラの庭メンテ・アドバイス

これからバラが美しく庭を彩るシーズン。
あなたのバラの庭をよりおしゃれに演出するために、
ラティスやパーゴラなど木製ガーデンファニチャーの塗装メンテナンスについて、
バラの貴公子大野耕生さんにアドバイスしてもらいました。

ローズスタイリスト 大野耕生さん

木製ガーデンファニチャーの塗装は、花が終わってつるバラを誘引する時期(冬季)にします。
剪定後につるをはずして木部に塗装し、半日から1日乾かしてからつるを誘引しましょう。(この塗装作業は冬季に行ったものです)。
花の咲く春をイメージしながら塗装するのも、バラづくりの楽しい作業ですよ!

バラの咲く庭にはファッション性を

「バラの庭の演出はファッションと同じ!」とおしゃれにこだわる大野さんは言います。
バラだけが美しく咲いていても、ガーデンファニチャーやアクセサリーがないがしろにされていると「着こなしがちぐはぐなファッションのようでバラがかわいそう」とも。
そこでバラの庭で大きなスペースを占める木製のラティスやパーゴラのメンテナンスについてアドバイスしてもらいました。

バラの庭
ガーデンテーブルやイスも、ラティスなどとカラーコーディネートして塗装すると、よりファッショナブルなバラの庭に!

劣化しやすい木部には高性能のキシラデコールを

ベンチにペンキを塗る大野さん

「木製のラティスやパーゴラはバラとよく似合い、花をより美しく見せるバラの家のようなものです。
でも木部は劣化が早いので塗装のメンテナンスが大切ですね。僕はもっぱら塗料としての性能が抜群に良いキシラデコールを使い、みなさんにもおすすめしています。
キシラデコールは木部の内部に浸透し防腐・防カビ・防虫効果を備え、耐久性が高いので一度塗ると長持ちするし、時間がたつと庭になじんだ味が出るところもステキです。
新しく塗った場合でも、布で軽く拭き取って時間がたった感じに仕上げる(エイジング)と、塗りたてでも味が出ますよ。塗装は自分で簡単にできますから、ぜひみなさんもトライしてみてください」

ローズスタイリスト 大野耕生さん

八ヶ岳倶楽部代表
ローズスタイリスト
大野耕生さん

ローズスタイリスト、バラ栽培家。
全国各地のローズガーデンのデザイン・植栽等を手掛けるかたわら、近年は愛好家の裾野を広げるため『バラを取り入れたライフスタイル』を提唱。園芸界では「バラの貴公子」と愛称され、TV・ラジオ出演や書籍執筆・監修多数。

バラの庭 取材協力
AtelierFeeFee(愛知県日進市)
http://atelierfeefee.blog115.fc2.com
atelierfeefee@gc4.so-net.ne.jp

キシラデコール