FAQ

Frequently Asked Questions
  1. ホーム
  2. FAQ
  3. 塗り方について
Q. キシラデコールの塗装や仕上げで、特に注意しなければならない点は?
A.

1. 塗装効果を上げ、仕上げをよくし長持ちさせるには、木材の乾燥度合いが重要なファクターです。
塗装前の木材の含水率は18%以下としてください。含水率の測定は木材用含水率計で測定してください。乾燥度合いが不十分な場合、キシラデコールに含まれている有効成分が木材の内部まで浸透出来ず、キシラデコールの防腐・防カビ・防虫効果を十分発揮出来ません。

2. 針葉樹材の場合
針葉樹材(ソフトウッド)は材質が柔らかいため、吸い込みがよい部分では顔料濃度が高くなりやすく、着色ムラができやすくなります。無色のキシラデコールカラレス(#101)で下塗り(50g~100g/m2程度1回塗り)してから有色のキシラデコールを2回塗りすることをおすすめします。

3.広葉樹材の場合
広葉樹材(ハードウッド)は材質が硬いため塗料の吸い込みが余りよくありません。木材中に十分浸透させて効果を発揮させるにはキシラデコール有色3回塗りをおすすめします。

Q. キシラデコールを薄めて使用してもよいでしょうか?
A.

1. 他の塗料との混合やシンナーなどでうすめると、キシラデコールの性能が著しく損なわれるので絶対に避けてください。

2. キシラデコールカラレス(#101)と混合して使用することは、耐候性が低下するためお避けください。

Q. キシラデコールを塗る前には下地の調整が必要でしょうか。
A.

塗る面の汚れやごみをウエス(ボロ布)などでしっかり拭き取ってください。また、塗装面全体にかるくサンドペーパーをかけておくと塗料が均一につきやすくなり、着色ムラを防ぎます。汚れがひどい場合は、水拭きか水洗いしてください。

水洗いの後、木材を乾燥させてください。 ワックス及び塗膜のついている塗装面にはキシラデコールは塗れませんので、必ずサンドペーパーなどで完全に取り除いてください。

Q. キシラデコールやすらぎ(#120)は、キシラデコール有色品との混合はできますか?
A.

キシラデコールやすらぎ(#120)は、キシラデコール有色品と混合することが出来ます。
キシラデコール有色品と混合することによって、標準色よりも明るい色に仕上げることもできます。

Q. キシラデコールを調色するとき、他メーカーの塗料と混ぜて使っても問題ないでしょうか?
A.

キシラデコールを調色する場合、キシラデコールどうしの混合はできますが、他メーカーの商品との混合は絶対にさけてください。

他の塗料との混合や溶剤による希釈は、塗料の変質(粘度上昇、ゲル化、固化、撹拌後の顔料分散不良、異臭など)および性能低下(着色ムラ、乾燥不良、経時変化による色落ちなど)を起こし、トラブル要因となります。

Q. ツヤ出し塗料は、キシラデコールやキシラデコールやすらぎ(#120)の上に塗れますか?
A.

キシラデコールやキシラデコールやすらぎ(#120)への上塗りはおすすめしておりません。その理由は下記の2つです。

  • 1. 塗り替え時には、剥離していない塗膜も含め全ての上塗りしたクリアー塗膜を剥離してから再塗装する必要があり、メンテナンスに非常に手間がかかります。
  • 2. 上塗りした結果、木材への空気や湿気の自由な出入りが塞がれます。そのような仕様では、キシラデコールを塗装する意味合いが薄れてしまいます。また、通気性が損なわれることにより上塗りクリアーが塗膜のワレやハガレを引き起こす可能性があります。

ただし、キシラコールの仕上げでどうしてもツヤを出したい場合は、クリヤーラッカー、ポリウレタンクリヤー、ワニスなどのご使用は可能です。その際は、キシラデコールが十分乾いてから(少なくとも24時間以上置いてから)塗り重ねてください。

Q. キシラデコールの塗り替えは何年を目安にすればよいでしょうか?
A.

キシラデコールの1回目の塗り替えは2~3年後、以降は5年毎を目安として再塗装してください。ただし、条件によって異なりますので期間を保証するものではありません。

キシラデコール、キシラデコールやすらぎ(#120)の塗り替え時期は、建物が建っている土地の自然地理条件、とくに気候と地形によって異なりますが、次のような状態になったときに塗り替えてください。

  • (1):汚れが著しくなったとき
  • (2):退色が激しくなったとき
Q. キシラデコールやすらぎ(#120)のメンテナンス方法は?
A.

屋外木部塗装には定期的なメンテナンスは不可欠です。特にキシラデコールやすらぎ(#120)は有色のキシラデコールと比べて汚れが目立ちやすいため、通常のメンテナンスとして塗装面をこまめに清掃し、汚れを落とすことをおすすめします。 キシラデコールやすらぎ(#120)の塗り替えメンテナンスには次の3つの方法があります。

  • 1. 再度キシラデコールやすらぎ(#120)で仕上げる場合は、塗装面を清掃(汚れ、変色が生じている場合は漂白、水洗い、乾燥を十分に行う)後、キシラデコールやすらぎ(#120)を塗装してください。
  • 2. キシラデコール有色品で仕上げる場合は、塗装面を清掃後(特に汚れ、変色が大きい場合は漂白、水洗、乾燥を十分に行う)お好みの色のキシラデコールを塗装してください。
  • 3. キシラデコールコンゾランで仕上げる場合は、塗装面を清掃後お好みの色のキシラデコールコンゾランを塗装してください。
  • ※ メンテナンスの目安については塗装面や塗装部位によって大きくことなります。詳しくは、カタログ及び塗り板見本帳をご参照ください。