FAQ

Frequently Asked Questions
  1. ホーム
  2. FAQ
  3. 機能・特性について
Q. キシラデコールのような浸透型塗料の乾燥が遅いのはどうしてでしょうか?
A.

浸透型の木材保護塗料キシラデコールには油変性合成樹脂系のアルキド樹脂が使われています。油変性合成樹脂の乾燥は酸化重合によるもので、一般的に乾燥が遅い分、浸透性は優れています。

乾燥までにかかる時間は気温や湿度など様々な条件に左右されます。
気温が低いと乾燥は遅くなり、特に、5℃以下ではほとんど乾燥が止まってしまいます。また、湿度が高い(85%以上)と結露が発生し、塗装性が悪くなるばかりでなく、着色ムラなどの仕上げ不良を起こします。

強風または降雨時に施工すると、砂じんや水滴などが付着して仕上げ不良を起こす恐れがありますので避けてください。

以下の場合は乾燥遅延を起こすことがありますので、ご注意ください。
湿度が高い場合、低温の場合、塗布量が多すぎる場合、下塗りが未乾燥のうちに重ね塗りした場合、塗料が浸透しにくい木材に塗装した場合

Q. キシラデコールカラレス(#101)をヤニ止め剤として使用したいが効果がありますか?
A.

キシラデコールカラレス(#101)は浸透型の塗料で、塗膜を形成せず、ヤニ止め剤としての効果はありません。

固まったヤニはヘラで取り除いてください。柔らかいヤニはアルコールまたはラッカーシンナーで拭き取ってください。

ヤニが気になるようでしたら、脱脂木材をご使用されることをおすすめします。市販のヤニ止めシーラーは使用しないでください。キシラデコールの浸透性を妨げます。

Q. 業務用のキシラデコールとホームセンターなどで売られている家庭用キシラデコールは違うものでしょうか?
A.

販売ルートや容量、缶のデザインが異なりますが、一色を除き*塗料の中身は全く同じキシラデコールです。家庭用キシラデコールも業務用キシラデコールも原材料・仕上がり・耐久性などは同じです。家庭用は一般の方が使用されることが多いので、家庭用品品質表示法に基づき、使用方法をより詳しく解説し、容量を細かく設定しています。

*(業務用の「キシラデコールやすらぎ(#120)」と家庭用の「キシラデコール白木やすらぎ」は異なります。業務用の「やすらぎ(#120)」はより透明感のある仕上がり、家庭用「白木やすらぎ」は塗り忘れ防止のため、薄白色に仕上がるように設計しております。)

Q. キシラデコールやすらぎ(#120)は一般のクリヤータイプの塗料とどのように違うのでしょうか?
A.

キシラデコールやすらぎ(#120)は、特に白木仕上げの木造建築物用に開発された高性能白木専用保護塗料です。従来の一般透明タイプの塗料と比較すると耐候性などの木材保護性能は格段に優れています。

しかし、美しい白木の仕上がりの良さを維持していくためには、汚れていないうちに行う早めのメンテナンスをお願いいたします。

メンテナンスの時期は樹種、環境、使用場所、塗装方法などにより異なりますが、軒天などほとんど雨や光の当たらない部位で5年以内、外壁、破風、玄関ドアなどで3年以内を目安としてください。

Q. キシラデコールシリーズの防カビ効果は、浴室など水回りや湿度の高い箇所への効果はありますか?
A.

キシラデコールシリーズの防カビ効果は、屋外使用を想定しており、浴室などの湿度が高い箇所では十分な効果は発揮できません。このことから、浴室など湿度が高い箇所でのご使用はお控えください。

Q. キシラデコールはシロアリに効きますか?
A.

キシラデコールに使用されている防虫成分(ピレスロイド系薬剤)は、シロアリに対しても効果があると報告されております。
しかしながら、確実にシロアリに影響を与えるほどの薬剤添加量には設計されておりません。そのため、シロアリに対する効果の有無はわかりません。
シロアリには弊社シロアリ防除剤をおすすめいたします。

詳細は下記をご覧下さい。
シロアリ情報club 
http://www.shiroari-kujyo.jp/

Q. キシラデコールとキシラモンとの使い分け、品質性能はどうちがいますか?
A.

キシラモンの主な役割は腐れ・カビ・シロアリなどから木材を長期にわたり保護することです。

特に、日当り、通風換気、乾燥の悪い床下、そして、雨漏り、水漏れなどで雨水がしみこみやすく、湿気がたまりやすいモルタル壁内部や水まわり部分、またイエシロアリやヤマトシロアリの被害が予測されるときの小屋組みなど、主に建物の構造材を保護するよう工夫調整されているのがキシラモンです。

キシラデコールの主な役割は、屋外木部の保護と着色美装です。
保護は主として防腐・防カビ・防虫効果です。着色は美装のほか、太陽から放射される紫外線によって木材表面のリグニンが分解されることによる木焼けや灰化などの木材の傷みを防ぐ役目があります。

キシラモンでは紫外線による木材の傷みを防ぐことができません。

Q. キシラデコールフォレステージの特長を教えてください。
A.

キシラデコールフォレステージは新処方の製法により「低臭性」を実現した新しいタイプの木材保護塗料です。
「耐候性」「防腐・防カビ・防虫性」「安全性」の各種性能につきましては、キシラデコールと同等です。