お奨めツール

浸透タイプ編

該当商品Products

  • 半造膜タイプ キシラデコール ウッドコート
  • 造膜タイプ コンゾラン

必要に応じてご準備ください

塗装前に準備すること

  • ウエス画像ボロ布ウエス
  • コテバケコテバケ
  • サンドペーパーサンドペーパー
  • スキマ用ベンダースキマ用ベンダー
  • 刷毛筋交いハケ刷毛
  • つぎ柄つぎ柄
  • 軍手軍手
  • 養生用シート養生用シート
  • 皮スキ丸缶の蓋開け用皮スキ
  • 塗装用カップ塗装用カップ
  • コテバケ用受け皿コテバケ用受け皿
  • 養生マスキングテープマスキングテープ
  • 養生ポリマスカーポリマスカー

※ハケは水性用をご用意ください。

  • 十分にかき混ぜよう 画像1使用前は逆さまにしてよく振ってください。
  • 十分にかき混ぜよう 画像2十分に混ざらない場合は棒でかき混ぜてください。
    使用中も定期的によくかき混ぜてください。

塗装の手順木部塗装の手順を守って美しい仕上がりに!

Point.1塗装準備

塗装準備画像

汚れやごみを拭き取 ってサンドペーパーなどで下地処理します。下に養生シートを敷いて、塗料が垂れても大丈夫なようにしてから始めましょう。

Point.2塗装作業

塗装作業画像

テーブルなどの塗装は「まず裏面から」が基本。筋交いバケで塗っていきます。床面に触れる足の裏側は傷みが始まりやすい部分ですので特に念入りに。裏面が塗れたら、表面を塗装します。木の端(木口)も忘れずに。1回目の塗装が終了したら2時問以上乾燥(指で触っても塗料がつかなくなるまで乾燥)させた後、2回目の塗装を行います。 ってサンドペーパーなどで下地処理します。下に養生シートを敷いて、塗料が垂れても大丈夫なようにしてから始めましょう。

Point.3塗装完了

塗装前

塗装前画像

全体に塗装の色があせ、ひび割れなど木材の傷みが始まっています。脚部には藻が発生しています。

塗装後

塗装後画像

傷みが進んでいた脚部もきれいに仕上がりました。
※塗料が衣服につかないように、ウエスなどで乾拭きしてからご使用ください。

上手な塗装のためのポイント

きれいな仕上がりは
下地が決め手!
特に古い木材は念入りに
研磨しましょう。

上手な塗装のためのポイント1画像

塗り替えの場合は、サンドペーバーなどで旧塗膜や劣化した木材繊維を十分に除去してください。除去が不十分な場合は旧塗膜や劣化した木材繊維とともに塗膜が剥がれる場合があります。

塗装面に撥水性が残っていた場合は、
塗料がはじかれることがあります。
その際はサンドペーバーなどで
塗装面を十分研磨してください。

上手な塗装のためのポイント2画像

撥水性が残っている塗装面