Q&A

Frequently Asked Questions
  1. ホーム
  2. Q&A
  3. 注目度の高いお問い合わせ
Q. キシラデコールシリーズの塗装に不向きな木材はありますか?
A.

試し塗りで明らかに塗料が浸透しにくい被塗装材への塗装はお控えください。

現場の状況に応じて塗装のアドバイスをさせていただきます。
フリーダイヤル0120-124-123(平日9:00~17:30)までお問い合わせください。

Q. キシラデコールやすらぎ(#120)、キシラデコール白木やすらぎは完全な透明仕上がりですか?経年変化は白っぽくなりますか?
A.

キシラデコールやすらぎ(#120)はUVカット(白色)顔料を含むため、完全な透明ではなく少し白っぽく仕上がります。また、浸透しにくい木材は、表面に顔料が残り白っぽさが目立つことがありますので、試し塗りにより仕上がりをご確認ください。特に、褐色系硬質材や含水率が高い木材への塗装では経時により徐々に白っぽさが増し、塗装後半年以内で白っぽさが目立つことがありますのでご注意ください。

〈褐色系硬質材の例〉
イペ、チーク、ジャラ、アゾベ(ボンゴシ)、アサメラ、セランガンバツ、ウリン(ベリアン)、マサランデューバ、ケヤキなど

Q. 南洋産の硬い木材へのキシラデコールシリーズの塗装は可能ですか?
A.

南洋系硬質材への塗装は浸透しにくく、乾燥遅延が起こる可能性がありますので、ご注意ください。必ず、試し塗りを行い、確認してから塗装してください。乾燥が著しく遅い場合は、塗装をお控えください。

〈南洋系硬質材の例〉
イペ、チーク、ジャラ、アゾベ(ボンゴシ)、アサメラ、セランガンバツ、ウリン(ベリアン)、マサランデューバなど

Q. 使用前には缶を軽く振る程度でよいでしょうか?
A.

顔料が缶の底に沈殿していることがありますので、使用前によく缶を振り、棒などで缶の底までよくかき混ぜ、塗料が均一になるようにしてください。混ぜ方が、不十分だと、想定よりも薄めの色になってしまい保護効果も十分発揮されません。塗装中もハケで塗料をよくかき混ぜながら使うようにしてください。

Q. キシラデコール塗装後の廃材を薪ストーブで焼却してもよろしいでしょうか。
A.

キシラデコールには防腐剤、防虫剤、防カビ剤が含まれます。
防腐剤、防虫剤、防カビ剤の中には硫黄や塩素が含まれるものもありますので、塗布後の木材を焼却した場合、少量ではありますが硫黄化合物や塩素化合物が生成し、有害物質や異臭が発生する可能性があります。
居室内の薪ストーブで燃やすことについては、 お避け頂きますよう何卒お願い申し上げます。
尚、キシラデコール塗布材を廃棄の際は、建築廃材として無塗布材に準じて廃棄できます。
法的に廃棄上規制の対象となる成分は、キシラデコールには使用されておりません。