エンバイロ先生の保護塗料講座

Dr.Enviro’s protection paints Lesson
  1. ホーム
  2. エンバイロ先生の保護塗料講座
  3. 木材の基礎知識
  4. 木材を美しく保つ

木材を美しく保つ

環境にやさしく、素材としての強さや美しさを持つ木材ですが、天然素材ゆえの弱点もあります。それは紫外線や雨風よる風化、カビや菌の付着による生物汚染、そして害虫による食害など「自然の外敵」からの影響を受けやすいこと。特に屋外で使用される木材は、日々厳しい環境下におかれているため劣化しやすくなるのです。屋外で使用する木材をできるだけ長く、そして美しいままに保つには、日々のこまめなお手入れが重要です。

水気をさける

木材は付着した水分をそのまま長時間放置していると、そこから腐敗が広がり劣化が進みます。雨あがりには水溜りや水滴を残さずに、水分をしっかりとふきとり木材を乾燥させましょう。

こまめに掃除

塵や埃は木材に付着すると、害虫や菌の栄養素となり繁殖を増長させる恐れがあります。汚れをこまめに除去するのはお掃除の基本。木材も常に清潔な状態にするよう心がけましょう。

風通しをよく

木材に湿気は大敵。湿気た状態で木材を放置することはカビや菌の繁殖や腐れにつながります。特にじめじめしやすい軒下や水まわりには予め換気口を確保しておくことが大切です。

塗装を施す

木材を保護する最も効果的で簡単な方法が塗装です。塗装には「木に色をつける」という見た目の美しさのためだけではなく、外敵から木材を保護するという重要な役割があるのです。