エンバイロ先生の保護塗料講座

Dr.Enviro’s protection paints Lesson
  1. ホーム
  2. エンバイロ先生の保護塗料講座
  3. メンテナンス
  4. カビ・藻汚染

さらに詳しく

カビ・藻汚染

汚染の原因

カビや変色菌により引き起こされる最も典型的な汚染が暗灰色化。海岸部の地域では、ウェザリング(風化)によって銀灰色となります。
これらはリグニンの除去により表面に現れるセルロースと微生物汚染の組合せによるもので、藻類は木材の含水率が高く、乾燥しにくい部位に発生します。

【カビと藻汚染】

防除方法

木材用漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム水溶液など)を用いて、硬いブラシ(鉄ブラシは不可)で木材をこすり水で洗い流します。再塗装は数日間、表面を乾燥させてから行います。