エンバイロ先生の保護塗料講座

Dr.Enviro’s protection paints Lesson
  1. ホーム
  2. エンバイロ先生の保護塗料講座
  3. メンテナンス
  4. 木材を取り巻く外敵
  5. 木材に発生する害虫

木材に発生する害虫

木の外敵となる害虫には、春から夏にかけて幼虫が木材の内部を食い荒すキクイムシを始め、ナガシンクイムシ、シバンムシなど多くの種類が存在します。害虫は内部から木材を食い荒すため被害に気付きにくく、木材にとって非常にやっかいな存在です。

ヒラタキクイムシ

春から夏にかけて、木材表面に円形の小さい穴(1~2mm)があり、そのまわりに白い木粉が落ちていたら、ヒラタキクイムシの被害が考えられます。これは繁殖のために成虫が飛び出した跡。成虫は夜行性で昼間はものかげに潜み、夜に出てきて産卵します。

一方アフリカ原産種は昼間に活動し、ラワン材など熱帯産広葉樹のよく乾燥した新材が大好物です。木材を食い荒らすのは主に幼虫で、家ばかりでなく家具、建具の大敵であるといえます。

ヒラタキクイムシ
ヒラタキクイムシ

ナガシンクイムシ

ラワン材など広葉樹材だけでなく、アメリカ、カナダ産の針葉樹材・竹材の大敵であるナガシンクイムシ。オオナガシンクイムシの被害は断熱・暖房の普及とともに北進しています。繁殖・産卵期は春から秋。ヒラタキクイムシと違い、幼虫だけでなく成虫も木材を加害します。

ナガシンクイムシがつくと、材表面を残して内部をボロボロに食い荒されてしまいます。仲間には土壁の中のこまい竹を集中攻撃するチビタケナガシンクイムシがあります。

ナガシンクイムシ
ナガシンクイムシ

シバンムシ

伐採してから20年以上の木材を食害するシバンムシ。床、柱、梁、建具、家具、仏像彫刻に見られる散弾痕(約1.5mm程度)のような穴が被害の手がかりとなります。シバンムシの加害は木材の他にもタタミ、ファイバーボード、和紙や、タバコ、ビスケット、乾燥野菜、乾果、漢方薬などの他、犬、ねこ、小鳥、魚などペットの餌にまで及びます。

シバンムシは夜に活動し、コツコツと机をたたくような音をたてるのが特徴。ヨーロッパでは「DEATH-WATCH BEETLE(死時計虫)」と呼ばれ、日本では寺、蔵、病院に大発生することから死神の使いとの意味合いで「死番虫」と呼ばれることもあります。

害虫に荒らされた木材
害虫に荒らされた木材