キシラデコールシリーズ 製品情報

Product Information
  1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 性能試験データ
  4. 木材保護塗料塗り(WP)

木材保護塗料塗り(WP)
JASS18 M-307 木材保護塗料(かび抵抗性を含む)適合品

木材保護塗料塗り(WP)について

日本建築学会の定める「建築工事標準仕様書・同解説JASS18塗装工事」で木材保護塗料塗り(WP)が新設されました(2006年11月)。

さらに、2010年度版の「公共建築工事標準仕様書」「公共建築改修工事標準仕様書」「木造建築工事標準仕様書」でも各省庁統一基準としてWPが新設されました。

JASS 18 M-307 木材保護塗料は2013年のJASS 18 改定時(第7次)に見直しが行われて、新たに「かび抵抗性」に関する試験項目が追加されました。

木材保護塗料は「樹脂及び着色顔料のほかに、防腐、防カビ、防虫効果を有する薬剤を含むことを特徴とする既調合の半透明塗料」と定義され、下記の性能規格を満たしたものが木材保護塗料と認定されます。

キシラデコールはこの規格を満たし、木材保護塗料塗り(WP)の規格適合品として認定されています。

※木材保護塗料塗り(WP=Wood Preservatives)

日本建築学会材料規格「JASS 18 M-307 木材保護塗料」木材保護塗料の品質
容器の中での状態かき混ぜたとき、堅い塊がなくて一様になるものとする。
塗装作業性塗装作業に支障があってはならない。
乾燥時間(h)16以内
塗膜の外観塗膜の外観が正常であるものとする。
促進耐候性480時間の照射で、ふくれ、割れ、はがれがなく、
色の変化の程度が見本品に比べて大きくないものとする。
かび抵抗性試験体の接種した部分に菌糸の発育が認められないこと。

注 かび抵抗性は、日本建築学会材料規格3.9のかび抵抗性試験による。試験体の接種した部分に菌糸の発育があってはならない。

木材保護塗料塗り(WP) JASS 18 M-307 木材保護塗料(かび抵抗性を含む)
各種データダウンロード