わが家のDIYガーデン自慢 ガーデンファニチャー編 手づくりの喜びを味わいながらオリジナルの木工作品でガーデニングを満喫しています。

  1. ホーム
  2. DIY塗装の手順
  3. わが家のDIYガーデン自慢
  4. ガーデンファニチャー編 松田 三保子さん
わが家のDIYガーデン自慢 ガーデンファニチャー編

2012年に完成し、今やわが家のシンボル。父が一週間かけて製作し、私がペイントを担当。バランスを考えながら雑貨を飾り付けました。リビングからは目で楽しむことができ、庭仕事の合間にはお茶をするなど、憩いの場として活用しています。

松田 三保子さん 松田 三保子さん

物作りが好きで、手芸店で働いています。趣味はガーデニングで、休日は植物の手入れやオリジナルのガーデン小物を作って楽しんでいます。今後、アーチや木製扉なども作ってみようと模索中です。

5年前に家を新築。以前から庭は自分の手でコツコツと自分好みにしたいと考えていましたが、庭に木製の雑貨を置くとメンテナンスが大変そうなので避けていました。その気持ちを一変させたのは、昔から庭作りをしていた親が木工を始め、その作品を見て驚いたからです。植物を植え込んだイーゼル、ガーデン雑貨をディスプレイしたラダー…。DIYの魅力は、気質の素朴さや空間を無駄なく活用できることですが、何より自分の作品が完成したときの「喜び」が一番の魅力だと思います。 キシラデコールのことは姉に教わりました。姉がイーゼルに植え込んだ植物に水やりをしており、そのイーゼルが抜群の水はじきだったので話を聞くと「キシラデコールを塗装している」とのことでした。また、実家の木工作品にもキシラデコールが塗られていますが、2~3年くらいなら色あせもなく、防虫防腐にも優れているので一度もメンテナンスをしたことがないそうです。以来、すっかりキシラデコールを信頼し、植物と木工作品に囲まれてガーデニングライフを満喫しています。

Gallery

  • ボード

    ボード

    元々木箱だったものを解体して余すところなくリメイク。廃材のスノコと合体させて白くペイントしました。庭のあちこちにデザイン違いのボードが付いています。

  • 2段シェルフ

    2段シェルフ

    父の指導を受けて作った、わが家の木工第1号です。下段は引き出しに見立てて飾り取っ手を付けています。左隣の木箱は、底板を外してチキンネットを付けました。

  • 3段シェルフ

    3段シェルフ

    ガーデン雑貨を置く目的で製作しました。ポイントは、側板の二段目と三段目を丸くカットしたデザインです。変化があって楽しい仕上がりになりました。

  • 車輪と窓

    車輪と窓

    花壇の風景にマッチする車輪を購入し、花壇に配置しました。後方の窓は友人からいただきました。カラレスを塗装し、オイルステイン仕上げをしてからアイアンを固定しました。